toggle
2017-01-08

冬のスリッパ問題はTOIVOのルームソックスで解決。

割と長年頭を悩ませていた(?)冬のスリッパ問題。

冬以外はつま先の空いたスリッパを履いているのですが、真冬はそれでは寒く、冬専用のスリッパを用意していました。

足が冷えやすい私はできるだけもこもこした暖かそうなスリッパを選び、それを素足で履くのが好み、なのですね。

ここ数年はユニクロのフリースみたいな素材のものが履きやすくて割りにあったかいのでいいな、と思っていたのですが…

なんしか「蒸れる」のです。

恥ずかしながら「蒸れる」のです。

蒸れたものを放っておくと「におう」のです。

これが「困る」のです。

ユニクロのスリッパは洗濯機で洗える、という売りなのですが、スリッパをそう何回も洗濯するのってちょっと嫌だなあ、という気もしていて。

そんな感じでいいスリッパないかな?と探していたのですが、ちょっと発想を変えてスリッパはそのまま夏用を使い、家の中だけで履く暖かいルームソックスにしてみては?との考えが浮かびました。

いつも冬に外から帰ってきたら履いていた靴下脱いじゃうんですよね。外で履いていた靴下を家の中でも履くのがなんとなく嫌で、だったらルームソックスにしてみよう、と。

ちなみにスリッパは夏兼用のつま先が空いたもの。無印です。

これがなかなか快適で、冬のスリッパ問題にはルームソックスで終止符を打てそう。

TOIVOのルームソックス

ある日立ち寄った雑貨屋さんで見つけた上の赤い靴下。

見た目がもうすでに暖かそう。思わず触らずにはいられなくなって、手を入れてみると…

なんて気持ちいい!!

フィンランドのTOIVOというメーカーのもの。フィンランドって寒いのですよね。そんなフィンランド人も愛用しているという靴下なら私の足も冷えから守ってくれるかも…!と。

「TOIVO」とは希望という意味のフィンランド語なのだそう。その名の通り、使ってみて、希望を裏切りませんでした。

とても暖かく、ブランケットに包まれているような感じ。最高です。

暖かさの秘密は内側のもこもこなのですが、裏返すとこんな感じに。

起毛がすごいのです。これがつま先までしっかり。そして私の気にする「蒸れ」なのですが、今のところ気になりません。

それもそのはず。吸汗・吸湿する糸にこだわって3重構造で編み上げられているそうです。

洗濯は、手洗いをすすめていますが、ネット使用で洗濯機でも可とのこと。そうさせてもらってます。

北欧のものだけあって、柄もたくさんあって可愛い。選ぶのも楽しい。靴下にしてはちょっと良いお値段するので、「ルームソックスが欲しい」なんて言われることがもしあったりしたら、プレゼントにとてもおすすめ。私はもらったら嬉しいなと。

足がここちいい幸せ。

冬用のスリッパをやめてルームソックスを活用するようになってから、「足のなんか嫌な感じ」がなくなりました。
暖かくって快適だし、スリッパに比べて気楽に洗濯できるのも良い。
足が快適って、私にとってはとても大きな幸せなのだな、と改めて気付きました。なので上のTOIVOは靴下でしかも家用だと考えるとちょっと贅沢な気もしますが。でも、おかげでますます家にいるのがここち良い。
持ち物を見直して、無駄な買い物が減った分、こういうちゃんと欲しい物があるときに、ちょっとした贅沢ができることも嬉しい。
そして足自体を温める活動も忘れずに。
ゆったりとした靴下なので、靴下の中で動くことができます。
「足」にまつわるはなし。
Sponsored Link
\応援クリックありがとうございます/
/
シンプルライフブログ
Twitter |InstagramFacebook
関連記事