toggle
2016-12-28

全部出して掃除できる分だけを持つ・スペースを作る。

冷蔵庫の中とコンロ下の掃除をしました。

コンロの下 掃除 収納
掃除したと言っても、全部だして、アルコールで拭いただけ。冷蔵庫は食材がなくなってきたころを見計らって全部出し。
冷蔵庫 掃除
ただ、この「全部出す」というのがなかなか面倒な作業なんですよね。今までの私だったらあまりやりたくない仕事でした。
全部出してまた片付けるなんて、まず、やる気がおこらない。
今は、「ためない・把握できる量・管理できるだけを持つ」というルールのおかげでこの仕事もそこまで苦にはならず。
冷蔵庫 掃除
ソースなど液漏れしやすそうなものを置くところには新聞やチラシなどを敷いておくと、次の掃除が楽ですね。
全部出しをすると、物を見つめ直すきっかけになります。

賞味期限ぎれのものだったり、もう使わないのに眠らせてしまっていたものなども捨てる。貰いすぎた割り箸なども整理して、いらない分は衣服と同じように掃除に使ってしまう。

できるだけぎゅうぎゅうにしないようにスペースを残しておく。風通しよく、見通しよくしておくこと。これはカビだけでなく害虫の対策にも。
 私は、家をここちよくするために家事をすることは嫌いではないですが、得意なわけではありません。どちらかというと、ずぼらだし、面倒くさがり。収納方法なんてまめなことはできなくて、ざっくり。だから、なんとかと家事を楽にする方法を考えるほうが好き。

その大きな負担を楽にしてくれたのが、私には「持ち物を管理してものを減らす」だったのです。何度も言いますが、ここが私には一番大切だったとこ。笑。

このおかげでどれだけ楽に心地よくなったか、なんです。

多分、この心地よさの加減が人それぞれ。多くをストックしているほうが楽に感じるひともいるし、食器などをたくさん持って毎回違うものを使ったり、眺めるのが楽しい人もいる。

この違い。

結局は、自分のことをよくよく知っていく作業なのだな、と思います。

「減らす」に関する記事

Sponsored Link
関連記事