ヨガと暮らしのエッセイブログ

服を断捨離した後にやること。

12月に入り掃除関連の記事が増えていますね。

そんな今日も掃除にまつわるお話です。

年末の大掃除・断捨離と称して、服の整理整頓をする方も多いのではないでしょうか?

服 断捨離

すると、でてくるのはいらない服。

売れる服は売って処分し、

▼ 【服の断捨離】改めて自分の気持ちと向き合う。宅配買取を利用しました 

着古したTシャツなどは、売れないので、掃除に活用します。綿の白いTシャツなんかは掃除にもってこい。

先日、窓そうじにも活用しました。

▼ 窓掃除をする私なりのタイミング。

使いやすい大きさに切ってつかうといいですね。汚れたものはそのまま捨ててしまうので、ひどい汚れの場所にも気兼ねなく使うことができる。雑巾を洗う手間が省けます。

古着が出たら貯めておく人もいるでしょう。うちでも靴磨きなどに使いたく、少しは残してあるのですが、あまり貯めすぎないように気をつけていて。(結局溜めるだけためて、使い切れずにどんどん増えていくことがあったから)

なので、古着が出たタイミングで、床や窓を拭いたり、サッシを拭いたり。洗濯機の下や、ベランダなどホコリがひどいところを拭いたり。キッチンのグリルの中などもいいですよね。拭きがいがある。

白いTシャツが汚れをとってドロドロになっていくと、とてもすっきりと捨てることができる。

整理整頓していらない服がでる→掃除に使って捨てる。

使い古したタオルや手ぬぐいなんかも同じように。

▼ 手ぬぐいの使い分け、古くなった手ぬぐいの使い道。

この流れをしていくと、服も汚れもたまらくて良いです。ついで掃除、ですね。