toggle
2016-06-22

10年ぶりに訪れた場所で感じた「私が一番変わったこと」

10年ぶりくらいに、京都の南禅寺に訪れました。

京都 南禅寺 水路閣
南禅寺の水路閣にて。ここに立って遠くに人がいると鏡のような錯覚を起こします。多分10年前も同じようなところで写真を撮っていたんだろうな、と。

10年前と変わったこと、変わらないこと。

10年って何気にすごい時間。0歳だった子が10歳になっていて、10歳だった子が20歳になっていて…。二十歳過ぎだった私は三十路過ぎになっていて…!あぁ!
と、歳が少しばれてしまいましたが、数年京都にいない間に、お店も街中の風景もやんわりと変わっていった部分がある。この近くにある私の母校も所々姿が変わっていた。でも、こうやって変わらない風景があるというのは安心感でもある。
京都はこの変わらない風景が多いから落ち着く部分もあるのかな。
さて10年以上前に最後に訪れた南禅寺。その時は当時付き合っていた人と秋に行った記憶。さようならしてからは、その人の行方も知らず、連絡も一度も取らず、私の人生の中からすっかりいなくなってしまった人。
そして、10年ぶりくらいに訪れた南禅寺。不思議なことで、これはここ1年の間に「ブログ」というツールを使って出会った人たちと。出会うまでは実在するかもどうかもわからなかった人たちと。(笑)
南禅寺 山門 風景
南禅寺の山門を上がって少し休憩。風景が最高です。人が少なかったので、そこに少し座って色々お話しました。
私の中でいつも勝手に「なるほど」と思ったり背中を押してもらったり。
それも、たわいもない話をしている時に気付かされることばかり。また、自分の中で一歩、ぽいっと進んでみようかと思える出来事があった。
今回もブログつながりだったので、ミニマリストの方達だったけど、「ミニマリスト」に関する話はそんなにしていない気がする。もうそれぞれ、それが普通になっていて特に改めて話をするってことでもないみたい。
これからの話とか、恋の話とか聞いていましたね。なんだか人の恋の話を聞くのって楽しいな!っていうおばさん目線になってしまっていましたね。
そしていつも気負わず自然にいられる人たち。昔からの知り合いでないのに、そうなれるって不思議。

10年前と一番変わったこと。

自分に正直に生きてみるほうが心地いいと知って、無理がなくなってきて、出会う人からちょうどいいタイミングでいろんなこと気づかせてもらう。これが多分一番10年で私の中で変わったこと。だんだんと自分に正直になってきてる。
多分10年前は色々と無理をして、背伸びして、一番足を痛めてハイヒールを履いていたころ。当時の彼との間にも少し無理があったのだと思います。
今はそれを辞めて、面白い人ともたくさん出会えている。
10年前はまさか出会えるなんて思ってもみなかった人たち。いや、存在すら知らなかった人たち。そういうのがある時ふと繋がるって、ものすごく不思議なことだなって思う。
京都 南禅寺 水路閣
そして、その時想像していたのとはだいぶ違う人生を歩んでいるけど、ようやく自分の人生面白いって思えるようになったのかもしれない。
鏡のような風景をみていて、遠くの方に10年前の自分が見えたような気がしたのでした。でも10年前のぶれて不安で無理をして、そういう自分がいたから今の自分があるということも。
これからの10年もまた楽しみだな。また10年後に訪れようかな。実は南禅寺は割と近い方なのだけど、10年とっておくかな。笑。
そういえば、10年前はまだ夫とも出会っていない。共通の友人など、お互いが近くにいたのに、なかなか出会ってなくってそれも不思議なタイミング。人生って本当何があるかわからなくって、面白いですね。
流れにのっていこう、と思います。
いつもどうもありがとう。今回はこすみれちゃんも来てくれて。私の背中をぽんぽんと一番押しまくってくれたのは、実は小さな彼女だったりもします。来てくれてありがとう!
こちらの記事も関連するかも?よければどうぞ。
Sponsored Link
\応援クリックありがとうございます/
/
シンプルライフブログ
Twitter |InstagramFacebook
関連記事