toggle
2015-08-14

【掃除】棕櫚箒とはりみとコーヒーかすと。

うちには和室がなく、フローリングで畳やラグを敷いている部屋がありません。そんな我が家のメインの掃除道具は棕櫚箒とちりとり(はりみ)です。

毎朝、ささっと箒で掃きます。朝の習慣の一つ。

京都 棕櫚箒 内藤商店

フローリングと棕櫚箒

箒のメリットは以前、こちらの記事で書きました。

▶︎ 【掃除】棕櫚箒とコンパクトな掃除機。

とにかく、掃除機の大きな音が苦手で、やっぱり静かなのがとても気に入っています。仕事中の主人の邪魔をしません。小さなお子さんがいらっしゃるお家だったら、お昼寝の邪魔もしないのではないかな?と。

そして、フローリングには棕櫚が相性が良いようで、我が家でメインに使っているのは棕櫚箒。

▶︎ よくあるご質問(Q&A)|江戸箒(ほうき)老舗 白木屋傳兵衛

確かに、江戸箒と比べるとほこりが舞いにくいです。ですが、細かいほこりはやっぱり舞ってしまいます。そこでよく言われるのが、茶殻を舞いたり、絞った新聞紙を撒いて掃くという方法。ところがうちではあまり茶殻が出てきません。

コーヒーかすを撒いて掃く。

そこで、うちで毎朝でてくるのがコーヒーかす。

▶︎ 【再利用】我が家のコーヒーかす(出がらし)の使い道。

茶殻よりも細かいからどうかな?と思いましたが、ほどほどに乾燥させたものをちょっと撒いて履いてみました。

結果、良いです!

コーヒーかすが細かい埃をからめとってくれるので、ないときに比べて、埃が舞いにくい。なので、乾燥しきっているものよりも、若干湿っていた方がいいのかも。ただ、我が家のフローリングはかなり濃いブラウンなので、コーヒーの色とそんなに変わらないのですが、明るい色だと、コーヒーの色で逆に汚れてしまう可能性もあります。その場合はよく乾燥させた方が良いですね。

そして、かすかにコーヒーの良い香りが。掃除をしながらコーヒーの香りを楽しめる、ちょっと嬉しい。

▶︎ 【愛用品】朝の仕事を楽しくしてくれたモノ。美味しくコーヒーを淹れる。

ハウスダストアレルギーを多少持っているので、埃が舞うと鼻がむずむずとしてしまうことも。これからはコーヒーかすを使って工夫したいと思います。

そしてやっぱり、はりみがおすすめ。

棕櫚箒と一緒にはりみも揃えました。プラのちりとりは、せっかくとったゴミが静電気でゴミ箱にスムーズに落ちなくてイライラ…ということもありました。ところが、はりみは本当に静電気が起きません。

なので、ゴミ箱にもすっと流れてくれますし、ちりとり自体もプラのものに比べて汚れにくいように思います。箒もそうなんですが、私はかなりのはりみ推し!

▶︎ 京都・三条、内藤商店のこと – 手仕事フォーラム

もう少しお手頃なものも、今はネットで買えます。

フローリング掃除にぜひ、箒とはりみとコーヒーかす。

「清潔にする」自分だけでなく、住むところも。それはヨガの教えの中でもポーズよりも大事な基本。

箒でちりを掃くという行為自体も今では楽しめるようになりました。その道具も大切に使っていきたいと思います。

今日も最後までありがとうございます:)

Sponsored Link
Related post
Sponsored Link