toggle
2015-06-22

家族に断捨離・ミニマリズムを理解してもらう方法2【ブログや本を利用する】

今朝、家族に断捨離・ミニマリズムを理解してもらう方法として、「考えを押し付けない」という話を書きました。その続きです。

本という罠。

その中で、「関連本をちょっと居間に置いてみる」と書いたのですが、先日届いたこのミニマリズムの本が、それに一役かってくれました。まず、タイトルに惹かれますよね。ちょっと読みたくなりますよね。
僕たちにもうモノは必要ない 佐々木典士
ダイニングテーブルに置いておいたこの本。主人がぱらぱらーとめくって興味を示しました。そしてその後「ミニマリスト」「ミニマリズム」について、色々と検索していたようです。

Twitterの中でも「ぼくモノトラップ」という罠がはやっている様子。やり方はみどりさんのTweetで是非。

そして私のブログを掲載してもらったこの本もぱらぱらと見てくれていました。「シンプルに丁寧に暮らすこと」がテーマの本です。これもトラップ。笑。

みんなの家しごと日記 シンプルライフ

ブログを読んでもらう。

ブログ リビングダイニング
ブログをやっている人は、ブログを家族に公開することも、理解してもらうにはとても良い方法だと思います。自分の思いをより伝えていく方法なので、「本を置いておく」よりもひとつレベルが上がるかと。ただ、家族にブログを公開するって、私は結構恥ずかしい。

でも私の家族は、ブログを読んで「ヨガ」「断捨離」「モノではない豊かさ」に大きな理解を示すようになってくれました。

家族や友人に公開しても全然書くことができる!という人にはオススメです。

まとめ。

家族に、自分の思いを理解してもらうために、「本」や「ブログ」も上手に利用していきたいですね。「ぼくモノトラップ」ぜひお試しください:)

Sponsored Link
Related post
Sponsored Link
タグ: ,