【猫の日】猫と暮らしたいけど飼えない、そんな時は保護猫シェルターに行ってみる。

Sponsored Link
昨日は2月22日。猫好きの祭りになる、にゃんにゃんにゃん猫の日。
私のお気に入りのタイムラインも猫の写真で溢れておりました。そんなこんなで1日のり遅れましたが、猫の話です。
保護猫 シェルター 保護猫カフェ
いつか…と夢見ています。

猫のいる暮らし

私は実家で猫を飼っていました。それまでは猫を買うにもモノがたくさんいるし、掃除も大変になるし、旅行にも行けなくなるし、時々野良猫ちゃんと遊ぶくらいでいい、と思っていたのですが、一度猫と暮らしてしまうと、もうだめでした。骨抜きにされてしまいました。
というのも、猫の暮らしを見ていると、ほんとに彼らはヨガ的でシンプルだなと思うことが多々。自分の一番心地いい所を知っているし、無駄な愛想も振りまかないし、(自分の都合いい時だけ来る)体のほぐし方なんかはほんとに上手。

猫は私の偉大なるヨガの先生でした。そして、猫を飼うのに必要なものもそんなに多くないのです。散歩も必要ないですし、気ままな猫との暮らしはゆったりとした時間が与えられます。

まあ、モノもたくさん壊されますから、自然といらないモノ(いると思っていたモノも?!)を処分するなり片付けたりすることになります。多分、今の家だったら、スピーカーと観葉植物がやられてしまうと思います。(主人にも「猫と住んだらこのスピーカー手放さないとね!」と話しています。)

猫に会いに行く。

そんな猫好きな夫婦なのですが、あいにく今住んでいるマンションでは猫は飼えません…。猫と暮らせる家に引っ越すという目標が今あるのですが、今は、猫に会いに行くという形で、時々遊んでもらっています。

保護猫シェルター

保護猫シェルターに時々行きます。地域で保護された猫や、捨て猫たちが里親を待っている場所です。ここでもちろん面談をして、猫をお迎えすることもできるのですが、私たちのように、まだ飼える環境にない場合、シェルターへ猫に会いに行くだけのこともできます。入室の際の寄付金にて活動されています。

保護猫シェルター(一部)

昨日はあいにく仕事で行けなかったので、また近いうちに会いに行きたいな。

猫と過ごす休日は、私たち夫婦にとっては、それだけで満足なこともあります。そのうち「ヨガとネコとシンプルライフ」って名前に変えたい…。

Sponsored Link
Sponsored Link